小顔・輪郭の治療 小顔・輪郭の治療のポイント 注射でも劇的な効果が望めます

私にお任せください!! 院長がカウンセリングからアフターケアまで一貫して行いますから安心です。 私にお任せください!! 院長がカウンセリングからアフターケアまで一貫して行いますから安心です。

ほくろとは

ほくろは黒子とも呼ばれていますが、医学用語では色素性母斑と言います。
ほくろは良性の腫瘍で、腫瘍の特性として長い年月をかけて増大したり、形態を変えたりします。
また、ほくろは良性腫瘍ですので、悪性化して癌になることはありません。癌は悪性腫瘍に分類されます。

ほくろの形や色の濃さなどはさまざまですが、顔・唇のほくろや体のほくろなどすべてのほくろは治療で除去できます。
ほくろを除去する方法には、切除縫縮法、炭酸ガスレーザー法、電気分解法、くり抜き法があります。

ほくろ除去の方法

1. 切除縫縮法

ほくろをメスでくり抜いて除去し、皮膚の端を縫い合わせます。縫合した傷は7日後に抜糸を行います。
抜糸した直後の傷はくっきりとした線ですが、時間の経過とともに薄くなります。
ほくろの除去部位にもよりますが、月日が立てば、最終的にはうっすらとした細い線になり、ほとんどわからなくなります。

ほくろ除去後は…ほくろを除去した部位に肌色の小さいテープを貼ります。
テープの上からお化粧もできますので、それ程目立ちません。7日前後に抜糸を行い終了します。

切除縫縮法の長所・短所

長所

1週間で治療が完了し、他のほくろの除去法に比べると早い点です。

短所

鼻先や口の周りなどのほくろや大きなほくろは傷が少し目立って残ることがありますので、おすすめできない場合があります。

2.炭酸ガスレーザー除去法

炭酸ガスレーザーでほくろを削り取って除去します。
ほくろを削ることにより、除去直後はほくろがあった部位には皮膚のくぼみできます。
このくぼみは皮膚の細胞が再生することにより約2~3週間で平らになります。この過程を皮膚の上皮化と言います。
上皮化したばかりの皮膚は赤みがありますが、さらに1~3か月ほどかけて、皮膚の赤みがおさまり、周囲の皮膚とほとんど区別がつかないほどきれいに治ります。
ただし、大きなほくろは、まれに赤みが引くのにさらに期間を要したり、くぼみがわずかに残る場合があります。

また、ほくろがまれに再発することがあります。その場合は赤みが引いた後に再治療することになります。

ほくろ除去後は…ほくろの除去後、ご自身で1日2回軟膏を塗り、ガーゼ付きのテープを除去した部位に貼る必要があります。
この軟膏処置はきれいに仕上がるためには必須の処置です。ほくろ除去部位が治るまでの約2~3週間軟膏処置を継続する必要があります。

実際の炭酸ガスレーザーの器械

炭酸ガスレーザー除去法の長所と短所

長所

ほくろ除去後の最終的な跡はすべての方法で最も優れています。

短所

ほくろ除去後に貼るガーゼ付きのテープが少し大きく、目立つ点です。ほくろの除去直後のテープが目立たないのは電気分解法です。

3.電気分解法

炭酸ガスレーザー除去法同様、ほくろを削り取って除去します。治癒過程も炭酸ガスレーザー法とほぼ同じです。
ただし大きなほくろを電気分解法で治療した場合、くぼみと赤みが残る可能性やほくろが再発する確率が炭酸ガスレーザー除去法より高くなります。
従って、電気焼灼法をすすめるのはほくろ2mm以下の小さなほくろの場合です。

ほくろ除去後は…除去後は取り除いたほくろとほぼ同じ大きさの肌色のテープを1週間治療部位に貼ります。
テープの上からお化粧もできますので、それ程目立ちません。

電気分解法の長所と短所

長所

ほくろ除去後のテープが目立たない点です。

短所

大きなほくろの場合、治療後にくぼみと赤みが残ることがあります。
また、ほくろが再発する可能性が炭酸ガスレーザー除法と比べると高いです。

4.くり抜き法

ほくろをメスでくり抜くだけで除去する方法です。ほくろ除去後は、約2週間くり抜いた部位に特殊な傷パットを貼ることによりくり抜いた部位が上皮化します。
最終的にはかなりきれいに治りますが、炭酸ガスレーザー除去法には劣ります。ほくろ除去後は…炭酸ガスレーザー除去法と同様にガーゼ付きテープを貼る必要があります。

ほくろ除去後は…炭酸ガスレーザー除去法と同様にガーゼ付きテープを貼る必要があります。

ほくろ除去の症例

  • ほくろ除去前

  • 炭酸ガスレーザー除去後

  • ほくろ除去前

  • 炭酸ガスレーザー除去後

  • ほくろ除去前

  • 炭酸ガスレーザー除去後

  • ほくろ除去前

  • 炭酸ガスレーザー除去後

  • ほくろ除去前

  • 切除縫縮後

  • ほくろ除去前

  • 切除縫縮後

ほくろ除去の料金

ほくろ除去
切除縫縮法 1mm8,000円
炭酸ガスレーザー除去法 1mm8,000円
電気分解法 1mm8,000円
切除縫縮法 1mm12,000円

美肌治療 関連コンテンツ Contents

メニューを開く

【青山セレスクリニックについて】
当院は、セルスチャルなcelestial(最高の)サービスのご提供をめざしております。
安全で、安心して受けられる快適な医療サービスを提供します。経験豊富なドクターによる万全のアフターケアをお約束します。
「最高の技術と責任をもって1人1人の患者様を大切に、そして安心して治療を受けていただきたい。」これが美容外科・美容皮膚科の東京・埼玉・青山セレスクリニックのポリシーです。 医師及びスタッフは、最高の技術を提供できますよう、美容外科・美容整形の学術会議や研修会等にも積極的に参加し、最新技術・知識の修得に日々努力することを怠りません。常にご来院された患者様に満足していただける美容外科・美容皮膚科のクリニックであり続けるため、全力で取り組んでおります。
東京・青山セレスクリニックのこのような取り組みをご理解いただき、東京、表参道、渋谷、六本木、赤坂、、外苑前、銀座などの港区周辺はもちろん、近郊の恵比寿、目黒、新宿、四谷、御茶ノ水、品川、三田、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、練馬区、台東区、墨田区、江東区、荒川区、足立区、葛飾区、江戸川区、千代田区、中央区、文京区、豊島区、北区、板橋区や遠いところでは、横浜、川崎、さいたま、浦和、鎌倉からも多数の患者様にご来院いただいております。東京・青山セレスクリニックでは美容整形・美容外科・美容皮膚科・レーザー脱毛の治療前に施術内容を詳しくご説明致します。
どんな小さな悩みでも患者さんが納得されるまで説明し、悩みや不安を解消した上で治療に入るようにしております。スタッフ一同、ご相談・ご来院をお待ちしております。

東京エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニックmap
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
東京青山院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26
ランドワーク青山ビル7F
(旧ヒューリック外苑前ビル)
責任者:高林洋一
最終学歴:S43年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H28年青山セレスクリニック管理者

埼玉エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニック川口院map
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
埼玉川口院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-5-1
川口ミツワビル 6F
責任者:柴田健了
最終学歴:H11年京都大学医学部卒業
勤務歴:H29年青山セレスクリニック川口開業

千葉エリアで治療をご希望の方はこちら

船橋中央クリニックmap

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-15
グラン大誠ビル 2F
責任者:元神賢太
最終学歴:H11年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H15年船橋中央クリニック開業