その他の治療 性同一性障害外来 MtF、FtMのホルモン療法はお気軽にご相談ください

私にお任せください!! 院長がカウンセリングからアフターケアまで一貫して行いますから安心です。 私にお任せください!! 院長がカウンセリングからアフターケアまで一貫して行いますから安心です。

ホルモン療法

性同一性障害・GID(Gender Identity Disorder)の方は青山セレスクリニックでホルモン療法を受けることができます。
MTF、FTMのどちらの場合も、ホルモン療法中は、血液検査・血中ホルモン濃度検査を受ける必要があります。

MTF(男性から女性へ:Male to Female)の方

女性ホルモン(エストロゲン薬)を摂取します。内服と注射のどちらでも摂取可能です。

MTF

注射の場合

薬の種類
プロギノン・デポー、もしくは、ぺラニン・デポー(ともに吉草酸エストラジオール10mg/1A)

注射の間隔
10mg/1Aを1~2週間隔、もしくは、10mg/2Aを2~3週間隔で投与します。

内服の場合

薬の種類
プレマリン(結合型エストロゲン0.625mg/1T、1.25mg/1T)、プロセキソール(エチニルエストラジオール0.5mg/1T)、デボシン(メストラノール0.02mg/1T、0.04mg/1T)

薬の量:
プレマリン0.625~3.75mg/日、もしくは、プロセキソール0.05~0.25mg/日、もしくは、デボシン0.08~0.24mg/日

*ホルモン療法中は、血液検査、肝機能検査、血中プロラクチン濃度、血中フリーテストステロン濃度、血中脂質濃度の測定を2~3ヵ月おきに受けるのが理想です。

女性ホルモン摂取による効果・変化

乳房の増大(女性化乳房)、乳輪の色素変化、乳頭の過敏性の増大、皮膚の艶の変化、女性形への体型の変化(骨盤周囲への体脂肪の増大)、あごひげや体毛の発育の減少、高い声、性欲減退、睾丸収縮。

*乳房の発育などの変化があるのは開始から2年前後までです。

女性ホルモン摂取による副作用

女性ホルモン投与中は下記疾患のリスクを高めますので、定期的な検査が理想です。 血栓症、心不全、心筋梗塞、脳梗塞、肝機能障害、高血圧など

FTM(女性から男性へ:Female to male)の方

男性ホルモン(アンドロゲン)を摂取します。内服と注射のどちらでも摂取可能です。

FTM

注射の場合

薬の種類
エナルモン・デポー、テストビロン・デポー、テスチノンデポー(いずれもエナント酸テストステロン125mg/1A、250mg/1A)

注射の間隔
エナント酸テストステロン125mg/1Aを1~2週間隔、もしくは、250mg/1Aを、2~3週間隔で投与します。

内服の場合

薬の種類
エナルモン(メチルテストステロン25mg/1錠)

薬の量:
エナルモン25~50mg/日

*ホルモン療法中は、血液検査、肝機能検査、血中フリーテストステロン濃度、血中脂質濃度の測定を2~3ヵ月おきに受けるのが理想です。

男性ホルモン摂取による効果・変化

月経停止、声帯変化(声が低音に)、体毛の増加、毛が固く(剛毛)、ひげの増加、頭髪減少、筋肉質、男性形への体脂肪分布

*乳房のサイズはあまりかわりません。

男性ホルモン摂取による副作用

男性ホルモン投与中は下記疾患のリスクを高めますので、定期的な検査が理想です。 肝機能障害、骨粗鬆症、にきびなど

手術療法

十分なホルモン療法を行った後では、手術及び脱毛治療が可能です。

※当院では、性器の転換手術や除去手術は行っておりません。
GID関連では、下記の施術のみ行っております。

MTF(男性から女性へ:Male to Female)の方

豊胸

ホルモン療法を十分受けても、バストの膨らみを得ることはできません。豊胸手術でバッグを挿入して、バストを作ることができます。
バッグの挿入位置は、大胸筋下になります。詳細は「 豊胸手術(バッグ)」もご参照ください。

脱毛治療

当院では、MTFの方のひげ脱毛を含む、全身脱毛を受けることが可能です。お気軽に号酸ください。
詳細は「 脱毛専用サイト」をご覧ください。

FTM(女性から男性へ:Female to male)の方

ホルモン療法を十分受けてもバストの膨らみをなくすことはできません。乳房切除術により、完全に切除することが可能です。
乳房切除術は、男性の女性化乳房に準じた手術となります。詳細は「 女性化乳房の乳腺切除」をご覧ください。

FTMの症例写真(乳房切除)

  • 治療前

  • 治療後

乳房切除 120万円(税別)
※治療後一時的に、腫れるケースがあります。

  • 治療前

  • 治療後

乳房切除 110万円(税別)
※治療後一時的に、腫れるケースがあります。

  • 治療前

  • 治療後

乳房切除 100万円(税別)
※治療後一時的に、腫れるケースがあります。

性同一性障害外来の料金

性同一性障害外来
男性ホルモン注射 1回 2,500円~5,000円
女性ホルモン注射 1回 1,000~1,500円
血液検査(肝機能検査等) 1回 3,500円
血中ホルモン濃度検査 1回 18,000円
初診料(治療を開始される場合) 5,000円
再診療(検査後の再診時のみ) 1,000円

美肌治療 関連コンテンツ Contents

メニューを開く

【青山セレスクリニックについて】
当院は、セルスチャルなcelestial(最高の)サービスのご提供をめざしております。
安全で、安心して受けられる快適な医療サービスを提供します。経験豊富なドクターによる万全のアフターケアをお約束します。
「最高の技術と責任をもって1人1人の患者様を大切に、そして安心して治療を受けていただきたい。」これが美容外科・美容皮膚科の東京・埼玉・青山セレスクリニックのポリシーです。 医師及びスタッフは、最高の技術を提供できますよう、美容外科・美容整形の学術会議や研修会等にも積極的に参加し、最新技術・知識の修得に日々努力することを怠りません。常にご来院された患者様に満足していただける美容外科・美容皮膚科のクリニックであり続けるため、全力で取り組んでおります。
東京・青山セレスクリニックのこのような取り組みをご理解いただき、東京、表参道、渋谷、六本木、赤坂、、外苑前、銀座などの港区周辺はもちろん、近郊の恵比寿、目黒、新宿、四谷、御茶ノ水、品川、三田、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、練馬区、台東区、墨田区、江東区、荒川区、足立区、葛飾区、江戸川区、千代田区、中央区、文京区、豊島区、北区、板橋区や遠いところでは、横浜、川崎、さいたま、浦和、鎌倉からも多数の患者様にご来院いただいております。東京・青山セレスクリニックでは美容整形・美容外科・美容皮膚科・レーザー脱毛の治療前に施術内容を詳しくご説明致します。
どんな小さな悩みでも患者さんが納得されるまで説明し、悩みや不安を解消した上で治療に入るようにしております。スタッフ一同、ご相談・ご来院をお待ちしております。

東京エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニックmap
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
東京青山院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒107-0061
東京都港区北青山2-7-26
ランドワーク青山ビル7F
(旧ヒューリック外苑前ビル)
責任者:高林洋一
最終学歴:S43年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H28年青山セレスクリニック管理者

埼玉エリアで治療をご希望の方はこちら

青山セレスクリニック川口院map
詳細地図はこちら

青山セレスクリニック
埼玉川口院

フリーダイヤル 0120-010-099

〒332-0017
埼玉県川口市栄町3-5-1
川口ミツワビル 6F
責任者:柴田健了
最終学歴:H11年京都大学医学部卒業
勤務歴:H29年青山セレスクリニック川口開業

千葉エリアで治療をご希望の方はこちら

船橋中央クリニックmap

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-4-15
グラン大誠ビル 2F
責任者:元神賢太
最終学歴:H11年慶応義塾大学医学部卒業
勤務歴:H15年船橋中央クリニック開業